Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ホンダ グロム カスタム】ラジアルブレーキマスターシリンダーの特性を物理的に検討とおすすめ3選!!

 

はじめに

お友達が立ちゴケした際に、バイクのブレーキレバーが折れてしまいまして、ツーリングの帰りにライコランドに立ち寄りました。

 

ブレーキレバーとは全く関係なく、ラジアルポンプブレーキマスターシリンダーが置いてあり、すごーく気になりましたので、調べましたww

 

他のブログなどでも記載されていますが、横置きタイプとライアルポンプタイプ、どちらにも良し悪しがあります。

メーカーが大量のお金をかけて開発している中で、決定した構造です。

一丸に悪いとは言い切れません。

 

んじゃ、なんで替えるねんとなりますよね!!

それはですね、替えてみたいから!!がメインですが、

ブレーキの効き方を変えたかったくて、コントロール性をあげたいのです。

 

 

ブレーキマスターシリンダーの仕組み

ブレーキマスタシリンダーは、人間の握力をテコの原理とパスカルの原理を使って、力を増幅しバイクを止めようとする力、つまり制動力に変換する機械で、いわゆるところの倍力装置と呼ばれています。

 

テコの原理は支点から力点(手で握る部分)と、支点から作用点(マスタシリンダーを押すところ)の距離で決まります。

計算式は、「増幅力=支点-力点÷支点-作用点」です。

 

パスカルの原理は、マスターシリンダーの面積とブレーキキャリパーのピストンの面積で決まります。

計算式は、「増幅力=キャリパーピストンの面積÷マスタシリンダーの面積」です。

 

これらを合計した増幅力が、総増幅力です。

設計時は必要な総増幅力から様々な数値を設定すると思いますが、今回は、比較するために使用しようと思います。

 

 

横置きタイプブレーキ(グロム純正ブレーキ)

一般的なブレーキマスターシリンダーは、横置きタイプと呼ばれるもので、遥か彼方昔から使われているため、技術的に確立されています。

また、メーカーがセッティングのノウハウがあり、コストが安いことがメリットです。

 

基本的な構造ですが、下記のサイトを確認してください。

一番最初の写真が最もわかり易いです。

blogs.yahoo.co.jp

 

 

ラジアルポンプブレーキマスターシリンダーとは

ラジアルポンプブレーキマスターシリンダーは、通称ラジポンと呼ばれています。(以下ラジポンと呼びます。)

 

横置きタイプと比較すると、力の方向の変換がなくなり、油圧での倍力よりテコの原理での倍力を優先しているので、手の力での制動力の調整がしやすくなっています。

 

概略構造に関しては、上記のサイトに記載してありますので、参考にしてください!!

 

 

横置きとラジポンの仕様の比較

純正とラジポンの仕様を確認して計算してみましました。

比較はグロム純正のブレーキマスターシリンダーと、代替品として有名なφ14のブレンボ製ラジポンです。

支点からの距離は、グロム純正は自分で測定しましてが、ラジポンの支点-作用点の距離は、ブレンボから公表されている20mmとしました。

※キャリパーのピストン=C/P

※マスターシリンダーのピストン=M/P

倍力計算結果 φ14

  横置き ラジポン 備考
支点-力点 162.0 198.9 下記URLの数値を参考。
支点-作用点 20.6 20.0 下記URLの数値を参考。
バー比(テコの原理) 7.9 9.9  
C/Pの径 25.4 25.4  
C/Pの面積 1012.9 1012.9 2ピストンの為、面積2倍。
M/Pの径 12.7 14.0  
M/Pの面積 126.6 153.9  
油圧(パカルの原理) 8.0 6.6  
倍力合計 15.9 16.5  

 

 

計算結果からラジポンの特徴を考察!!

①レバー比はラジポンの方が大きいので、握力が同じ場合、純正と比べるとレバーを引く量が増えます。

②倍力合計がラジポンの方が大きいので、握力が同じ場合、より制動力が高くなります。

つまり、制動力MIN-MAXまでの引く量が多くなるため、制動力の調整幅が増え、同じ制動力を得るための握力が低くなります。

 

ということは、①と②の数値特性から、ランジポンに変更するとコントロール性が高くなり、制動力も高くなるってことですね!!

 

 

ラジポンのおすすめ3選

天下のブレンボ

Moto GPのブレーキもこのメーカーのもので、世界中で使われている最も有名なブレーキメーカーで、安心、安全です。

命に関わるブレーキですので、高いですがオススメです!!

 

ゲイルスピード製ラジポン

ゲイルスピードもブレンボ程ではないですが、有名なメーカーで切削系の部品と言えばこのメーカーという感じで、とても精度が高い商品を展開しています。

 

Frando製ラジポン

私はよく知らないメーカーでしたが、巷で有名な台湾製ですが、BremboのOEMをしているとかしていないとか。。。。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?笑

ちなみにラジポンのマスターシリンダー径をφ15mmも計算してみました。

そうすると、倍力合計が同じくらいになりましたので、ラジアルの良さだけを味わう事ができます!!

倍力計算結果 φ15

  横置き ラジポン 備考
支点-力点 162.0 198.9 下記URLの数値を参考。
支点-作用点 20.6 20.0 下記URLの数値を参考。
バー比(テコの原理) 7.9 9.9  
C/Pの径 25.4 25.4  
C/Pの面積 1012.9 1012.9 2ピストンの為、面積2倍。
M/Pの径 12.7 15.0  
M/Pの面積 126.6 176.6  
油圧(パカルの原理) 8.0 5.7  
倍力合計 15.9 15.7  

 

 

15mmもブレンボとFRANDOの2社から発売されています。

迷いますね〜笑

2017年11月時点でブレンボはなくなったかもです。

 

 

関連記事

goodomen.hatenablog.com

goodomen.hatenablog.com