Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ホンダ グロム カスタム】タイヤのおすすめ3選と、VeeRubberからTT93GPに自分で交換方法

 

はじめに

ついについについにグロムの純正タイヤのVeeRubberのスリップサインが出てきましたので、交換することにしました!!

純正タイヤは本当にグリップしないので、溝が無くなる前に交換することをオススメします。
また、メンテナンスの初心者の人が、交換したとの情報が入ってきたので、負けるわけにはいきません!! 

 

 

グロム のタイヤサイズについて

グロム のサイズはスクーターに使われていることもあり、たくさん種類がありまして、大手サプライヤーからアジアンタイヤまであります。

アジアンタイヤでも良いのですが、グロム 純正のアジアンタイヤがやばかったので、信頼の置けるサプライヤーから選んでいます。

 

グロムのタイヤサイズは、下記の通りです。

フロント : 120/70-12

リア : 130/70-12 

 

 

おすすめグロム用タイヤ3選!!

MICHELIN POWER PURE SC!!

Webikeでもamazonでも評価が高く、必ず上位に入ってきています。

知り合いの使用者もいいとのことでしたので、おすすめであることは間違いではないでしょう!!

このタイヤの特徴は、スポーツバイク用オンロードタイヤ「POWER PURE」譲りのトレッドパターンで、トレッド剛性を確保しながら排水性も向上させることで、高いドライ/ウェットグリップを出せるように設計されているようです。

特筆すべきは、ミシュランのスクーター用タイヤとして初めて採用したデュアルコンパウンド技術2CTで、中央部は耐摩耗性能を発揮するハードコンパウンドが、側面部はコーナー時の高いグリップ性能を発揮するソフトコンパウンドなので、コーナーでのグリップ力とタイヤの減りを考慮した設計となっています。

 

IRC MOBICITY SCT-001

IRC TIREは車両の発売当初から数多くの完成車メーカーに純正採用され、また長年このクラスにおける補修用タイヤの開発・販売していまして、かなり有名なメーカーです。
従来のタイヤを1から見直し、より排水性に考慮した新デザインのパターンを採用し、またコンパウンドも高品質なものへと刷新し、耐摩耗性を維持しつつ、グリップ力をアップ、雨でも快適に走れるようです。

この二つの改良のおかげで、従来品に比べてドライ路面の場合で8%、ウェット路面の場合で10%ほど制動性能がアップしているようです。

 

DUNLOP TT93GP!!

こちらはミニバイクレースなどによく使用されており、ハイグリップユースに人気な商品です。

このタイヤの特徴はもちろんグリップ力で、リッターバイクにも使われそうなトレッドパターンをしており、トレッド剛性を確保できるように設計されていることが伺えます。

グロム 用のタイヤですとレース用のコンパウンドではなく、シティーユース用にチューニングされているそうですが、それでもミシュランよりかグリップ力が上とのことです。

今回、私は大学時代の憧れでもあり、念願でもありましたので、この商品としました!!

 

 

タイヤ交換!!に必要な道具

では手組みでのタイヤ交換前に、必要な工具のご紹介です。

ということで、道具を揃えました!!

 

タイヤレバーはデイトナ製にしました!!

バイク系では老舗であり、信頼性を優先しました!!

 

忘れては行けないのが、ビードワックス!!

Amazonのおすすめに助けられました笑

 

これも忘れてはいけない虫回し笑

エーモンも老舗です!!これがないと、空気を抜くのが大変です。。。

 

その他必要なもの!!

タイヤを外すために、ラチェットやらスパナやら必要で、タイヤに空気を入れる為、空気入れも必要です。

 

 

タイヤ交換!!

タイヤ交換方法のご紹介です!!

すげー苦労しました。。。。。。

まず、ビードを落とすところから。。。。。

タイヤの片側は取れたものの、反対側が抜けなかったりと、4時間ぐらい格闘しました。

結果、一番良かった動画は、これです。


バイク原付スクータータイヤ交換。手組「ノーカット」 爆発はしないよ。

 

特に参考になったのは、ゴムハンマーで叩いて、タイヤを取るところですね。

力づくで格闘している中、これを見つけてやってみると、いとも簡単に取れました。。。。。

 

その他の動画も見たのですが、この方法で取っているのはこれだけでした!!

動画の主さまとても参考になりました!!

空気を入れるのも少し手間取りましたが、難なく終わりました!!

 

DIYでタイヤ交換時の注意点

ほとんどの動画やDIY交換ブログでは記載されていませんが、タイヤには軽点(黄色)マークがあります。

これはタイヤの一番軽い部分を示していまして、ホイールと組み合わせる際に、エアバルブの位置に合わせた方が、ホイールの重量バランスが良くなります!! 

さらに重りをつけてバランスを調整すると、走行中のタイヤが原因のバイブレーションが減り、乗り心地が改善されます!!

もし重りでバランスを取らなくても、軽点とバルブを合わせておけば、重量バランスが近くなりますので、是非、合わせることをおすすめします!!

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

試乗レビュー

VeeRubberより乗り心地がよくなった気がします。

組むときはどちらもサイドウォールが硬く、むしろTT93GPの方が硬いのではと思うくらいだったのですが、コンパウンドが柔らかくなったのか、ゴツゴツ感が減りました。

  

また、グリップは比べるまでもなく、いいです!!

雨の日も走っていて安心です!!

 

また、タイヤのプロフィールが丸くなって、形状を維持する剛性が上がっていると考えられますが、よく倒れ込むようになり、思ったラインを走れるようになり、グロムに乗るのが楽しくなりました!! 

 

試乗レビューから推察!!

グロムの純正タイヤは、グリップが無く、雨の日によく滑るとか、言われていますが、グロムはタイ生産であり、メイン市場がタイなどのアジアです。

そこに合わせた開発をしていると思いますので、より路面温度が高いとことで使われることを想定して、タイヤを設計していると考えられます。

 

なので、日本などの冬や雨などで、路面温度が低くなると、設計とあっておらず、タイヤのグリップ力が、大幅に落ちていると思います。

 

従いまして、グロムの純正タイヤは危ないです!!

なので是非、国産もしくはミシュランなどの、全世界展開しているメーカーを、おすすめします!!

走行距離 約7500km時点