Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ホンダ シビック タイプR EK9】ハブリングの取り付けと使用レビュー

 

はじめに

ハブリング無しでも、特に不満はなかったのですが、効果がありそうでしたので、取り付けてみることにしました。

 

 

ハブリングとは

欧州車の取り付け構造では、特にハブリングが重要になっています。

そもそもの設計として、ホイールとハブのセンター合わせは、ハブリングを

取り付ける部分です。

そこを合わせることで、センターが合い取り付け誤差を吸収し、ホイールの縦ブレを減少させます。

 

基本はボルトがテーパーになってるので、ハブ径があわなくても、ホイールセンターはでるとの意見が大半ですが、そうであれば純正がコストダウンの為に削っています。

 

従いまして、純正の機能を復活させる為に、ハブリングを使用して、ハブリング径を社外ホイールのハブ径に合わせます。

 

 

EK9へハブリングを取り付け

ホイールを外して、ハブセンターに取り付けるだけです。

 

 

EK9へハブリングを取り付け後のレビュー

しかし、付けて試走してみると、何かと安定している気がします。

ということはホイールセンターはハブセンターにて、出さなくちゃいけないのではという結論になりました。

 

 

まとめ

みなさまいかがでしたでしょうか??

手軽なチューニングですので、取り付けてみてはいかがでしょうか??