Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ガジェット 永久保存??】NASKALUB(ナスカルブ)の使用レビュー!!

 

はじめに

NASKALUB(ナスカルブ)を使う機会がありましたので、自転車およびバイクのチェーンにて使用レビューをします!!

 

 

NASKALUBとは

さてまず、NASKALUBとはなんぞやという方が多いのではないでしょうか。

化研産業株式会社が開発・製造をしている超極圧潤滑剤で、圧力がかかっても、潤滑し続ける商品です。

類似品としては、テレビでも紹介されましたスズキ機工のベルハンマーがありますが、どちらかがどちらかをOEMしていそうですね。

さらに詳しく知りたい方は下記のリンクを参照してください。

化研産業株式会社|極圧潤滑剤のナスカルブ、ナスカグリース、ナスカタップ

 

 

ナスカルブを自転車チェーンに使用しレビュー

まずは、数年間換えず556をたまにしか塗布していない、自転車のチェーンに使いました!!

 

効果は抜群で、556の様に漕ぐのがすごく軽くなりますが、一瞬で潤滑しなくなるような感じではなく、新品チェーンに換えたような感じになります。

グリスがついた様にぬめ~とした感触ですが、そこでロスしているのでなく、いなしている様な感覚です。

 

坂で本領を発揮しており??、坂で圧力かかっている方が、潤滑してるんじゃないか?みたいな感じです。

正確な持続時間はわかりませんが、1週間ぐらいは持ちそうです。

 

 

ナスカルブを自転車のサスペンションに使用レビュー

その他には、ゴムが痛むんじゃないかなと思いましたが、サスペンションに使ってみました。

 

すると使用する前は乗って押すとコクッと動いて、スコーンと減衰しており、小さい段差は、サスが動かず、腕にダイレクトアタックを食らい、大きな段差はパイ~ンという感じでしたが、なんとサスがスコスコ動くようになりました!!

 

特に初期の動きがすごくよくなり、すすすっとストロークし始め、減衰がグググッと効くので、小さな段差でもストロークしているのがわかります。

それこそ、もう1つの腕がついた感じになりました。

ブレーキング時もちゃんとストロークするようになったので、リアが浮きにくくなり、自転車自体が扱いやすくなりました。

 

※どんな潤滑剤でも痛みます。NASKALUBも例外ではありません。

その主な原因は鉱油です。NASKALUBの場合は鉱油が落ちても、添加剤に秘密があります。この添加剤が定着した後は削らないと、落ちないそうです。

なので、NASKALUBを吹きかけてちょっと乗って、定着させた後に、パーツクリーナーで洗浄すれば大丈夫です。

 

 

ホンダ グロムのバイクチェーンにナスカルブを使用レビュー

最高速度とチェーンの擦れる音に変化がありました。

チェーンメンテをする前と比べると、バイクが進むようになり最高速度も3〜5km/hぐらい増え、チェーンのジャラジャラ音が減りました。

 

アクセル開度が少なくなったので、燃費は多少変わったかなと思いますが、数値で現れるほどではありませんでした。

そもそも同一条件で比較していないので、燃費の変化は正確な数値を出すのが難しいです。

 

潤滑の持ち具合としては、毎日45キロ走行して、雨がなければ2週間ぐらいは持ちそうです。

多少サボっても問題ないかと思います!!

 

ただ、ナスカルブは通常のオイルチェーンと違いシャバシャバの油ですので、走行中に油が飛び散ります。

メンテナンスで塗布した際は、良く拭き取って走行することをオススメします!!

 

 

まとめ

みなさまいかがでしたでしょうか?

体感できるぐらいに効果がありますので、騙されたと想って使ってみるといいと思います。